So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

私の“スター・トレック®” First Contact [雑記]

star trek(TM) 40周年記念特別ブログ オリジナル・グッズをプレゼント!

 今年の9月6日。スタートレックが放送されて40周年を迎えたのだ! オリジナルグッズプレゼントなんてのもやってるので、我がブログにもピカード艦長を貼りたいので記事にしてみましょう(ウヘヘ)。お題は『私の“スター・トレック®” First Contact』でいってみましょう。


 僕が始めて劇場で見た映画は『スターウォーズ 帝国の逆襲』。まだ漢字も全然読めない小学生ながらその映像に圧倒され、亡き父に「これの続きは?」と聞いたのを今でも憶えている。

 これだけ衝撃的な体験をしたのならスターウォーズファンになるのが普通だと思うが、それほどではなかった。当時すでにスタートレックの存在を知っていたようだが、今その記憶はない。中学生、高校生になるとレンタルビデオやテレビで劇場版スタートレックは数え切れないほど見たことは憶えている。一番近くのレンタルビデオ店はスタートレックが充実していて、入ったばかりの新スタートレック(TNG)を借りて見まくった。初めて劇場に見に行った作品は『スタートレックⅥ 未知の世界』だ。これでTOSのメンバーがそろうのは最後だと、感慨深く見たのは大学生のころだ。どう考えてもリアルタイムでTOSのことは知らないはずなのに。

 自分とスタートレックのファーストコンタクト。ずっと「いつのまにか好きだった」と思っていたが、そうではないことが昨年引越しをしたときに分かった。

 上の本が僕とスタートレックのファーストコンタクトだった。この本の初版は昭和44年! まだ自分も生まれてないとき。どうやら買ったのは僕が生まれたあとらしい。前書きを読むと、日本でのテレビ放送が開始される機会に、少年少女に読みやすいように書かれた児童書だそうだ。そういえばこの本で「スポックの耳がとがってる」ことを知ったんだった。カーク艦長やドクターマッコイを知ったのもこの本だ。今一度読んだら思い出した。これで僕はスタートレックを知って、こんなにもハマってしまったのだと。やはり買ってきたのは父か……。


 この本、最後に科学用語辞典とか科学読み物なんてのも付いていて、なかなか読み応えあるんだよね。引越しの荷造りしながら結局最後まで読んじゃったし(笑)。小さいころの記憶なんて全然残ってないから、この本が出てきたときはうれしかったな。なんてったって自分のルーツのひとつだしね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。