So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

Colin McRae 1968-2007 [スポーツ]

 1995年WRC(世界ラリー選手権)チャンピオン、コリン・マクレーが、ヘリコプター事故により死亡した。彼が所有するヘリコプターが自宅近くで墜落し、彼と5歳になる息子、同乗者ふたりを含め4人が犠牲となった模様。

 1986年にラリーを始め、87年にWRC初参戦。91年にはスバル(プロドライブ)に加入。スバル・レガシィを駆り92年英国選手権チャンピオンとなる。93年には自身初のWRC優勝を飾ると94年にもスバル・インプレッサを駆り2勝。95年にはイギリス人初、最年少でドライバーズチャンピオンを獲得した。同時に95~97年はスバルのマニュファクチャラーズ(製造者部門)チャンピオン獲得に貢献。この3年間の活躍が世界中に“スバリスト”を誕生させたひとつの要因でもあろう。99年から4年間はフォードに在籍。03年にはシトロエンに在籍するもののわずか1年でシートを失う。その後WRCフル参戦は実現していないが、05年にはスコダから、06年にはシトロエンからスポット参戦を果たしていた。スバル離脱後も勝利は上げていたもののタイトル獲得は果たせていない。そのためマクレー=スバルという印象が非常に強く残っているドライバーだ。
 WRC以外のモータースポーツに対しても積極的で、04、05年にはニッサン(ニッサン・ピックアップ)からパリ・ダカールラリーに参戦。04年にはル・マン24時間レースにも参戦。これにはマクレーを見い出し、数々の勝利を共に上げてきたプロドライブからの参戦となり、マシンはフェラーリ・マラネロを駆った。GTSクラスへの参戦となりリカルド・リデル、ダレン・ターナーとのトリオでGTSクラス3位を獲得した。07年にはXゲームの「ラリー」にスバル・インプレッサを駆り参加している。
 WRC通算25勝のマクレーはその高額年俸から、今後のWRCフル参戦は難しいのではないかといわれていた。が、Xゲームでの走りを見るとラリーへの情熱は失っていないように思う。再び通算勝利を上積みすることを期待したファンも多いのではないだろうか。

 個人的にはすっごいドリフトを多様して見た目も派手、そんで速いということで非常に好きなドライバーだった。当時オレが乗ってたスバル・レガシィのフロントバンパーには「プロドライブ」のステッカーをWRCマシンのマネして貼ってたりして(笑)。派手ゆえクラッシュも多くて、名前ももじられて「マクラッシュ」なんて呼ばれていたのも、逆に考えると個性的だったからだよな。彼がスバル時代のころとはマシンの主流も変わってきてた。ホイルベースも短くてボディもコンパクト。マクレーのスタイルじゃ成績が残せない時代になってきてたのは事実だけど、ファンとしてはもう一度派手な速い走りをWRCで見たかったなぁ。上記のXゲームはyoutubeにあるから見てみると笑っちゃうくらい派手だよ。

 時代の流れに自分を合わせることなく、自らのスタイルを貫いた偉大なWRCドライバーが亡くなった。ご冥福をお祈りします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。