So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

恋のセオリー J2 第44節vs徳島ヴォルティス [湘南ベルマーレ2009]

湘南 1 - 0 徳島

  • 前半2分 中村(湘南)

 


 どんなものにもセオリーがある。しかし、相手があるものに対してはそのセオリーは通用しないこともある。

 

 湘南のストロングポイントはやはりFW田原である。ジャーンからのフィードを胸で中村に落とした田原は、すぐに反転してゴールに向かった。当然徳島DFは田原を意識していた。中村はマークについたひとりを抜けばフリーとなる状況。そのチャンスを逃さず勝負し、ほんの一瞬フリーになった瞬間、見事なミドルを徳島ゴールにたたきこんだ。

 後半は徳島のセオリー、長いボールを入れて強力な中盤の力でゴールを奪うというかたちを何度も見たが、最後まで集中して守りきった湘南が勝利をおさめることとなった。

 一瞬のチャンスをものにしての勝利は非常に大きい。最後まで集中力を切らさず無失点で切り抜けたことも大きい。次節までは天皇杯をはさんでしばらく間があく。今一度自分たちのサッカーのかたちを磨いてきて欲しい。相手が誰であれ、自分たちの理論どおりの試合をしていくために。

 っつーワケで徳島戦です。日本に超大型台風が接近中とあって、天気が心配でありましたが、試合中はなんとか霧雨程度におさまりましたね。それでも観客は3,301人とさびしいものに。もっと熱い試合をして、この最低限の人数を増やしていきたいところですねー。
 さてスタメンですが、山口の出場停止があけたものの前節と変更ナシで。島村は前節可もなく不可もなく、という印象でしたが(失礼!)。

 試合は前述のとおり、開始早々に動いたワケで。あの一瞬でゴールを狙える中村はすごいですねぇ。シーズン序盤はゴールを量産していましたが、中盤は少々ゴールから遠のいていたんですよね。あの距離でも危ない、と印象づけられたのは非常に大きいですね。
 この試合の見どころは田原でしょう。特に前半、ハイボールにはほとんど競り合いボールをキープ。時おり見せるチェイスも迫力あるし。ってか怪我前はそんなにチェイスしている印象ないんだよね~。怪我の間にしっかり研究していたんでしょうね。これであとはゴールを奪ってくれれば文句ナシだったんですが、まあそうは行きませんよね。

 後半ですが田村がイエローカードをもらいます。コーナーキックの競り合い中でのカード提示だったんですが、これはちょっともったいなかったですねぇ。もうちょっとやりきったカードならよかったんですけど。これで次節より再び2試合出場停止。それでもこの位置には永田や、2試合連続出場している鈴木修人も出てきたんでなんとかなる……かな?(笑)

 今日も上位チームはすべて勝利で順位に変動はなし。ここからはいかに自分たちが勝利を重ねられるかにかかってますね。チームと共に一歩一歩進んでいきましょう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。