So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

イカルス伝説 J2 第48節 vs東京ヴェルディ [湘南ベルマーレ2009]

湘南 2 - 2 東京V

  • 前半26分 寺川(湘南)
  • 前半42分 井上(東京V)
  • 後半16分 レアンドロ(東京V)
  • 後半44分 阿部(湘南)

 


 イカルスは父ダイダロスと共に、ミノス王の手によってある塔に幽閉されてしまった。この塔を抜け出すためにふたりは、鳥の羽を蝋で固め大きな翼を作った。ダイダロスは息子に忠告する。空の中くらいを飛ぶように。低く飛びすぎると霧が翼の邪魔となり、高く飛びすぎると蝋が太陽の熱でとけてしまう、と。
 ふたりは翼をはばたかせ、塔から脱出することができた。その姿を見た人々は神々が飛んでいるのだと思った。
 イカルスも自分が神になったのだと思ったのかもしれない。父の忠告を忘れ、空高く舞い上がった。すると太陽の熱で蝋が溶けてしまい、イカルスは青海原に落ちてしまった。

 

 残り4試合となり掲げていた目標が手に届くところまできていた湘南。しかし順位では甲府につぐ4位だ。この試合に勝って、次節甲府との直接対決にすべてをかけるはずだった。目の前の試合にすべてをかける、と言いながら「4連勝の始まり」だとも言う。気持ちが高く舞い上がり過ぎだったのではないだろうか? 試合終了間際の同点ゴールは、果たして墜落を免れる1点だったのだろうか?

 運営母体が変わり、来年度へ向けて必死の努力が続く東京ヴェルディ。監督が変わって以来3連勝を記録し、上位との対決に意欲も高く臨んできた。同点で迎えた後半には力強い攻撃で勝ち越しに成功する。そして後半ロスタイム。全員での守備で勝利を掴み取りたかったものの、最後のプレイで同点に終ってしまう。試合終了の笛とともにガックリとうなだれる東京Vのイレブンが、この1点の大きさを物語っていた。

 試合は同点で終わった。目標としているところはこんなにも遠いのか、と思わずにはいられなかった。昨年、一昨年と同じく、細い糸を頼りにぶら下がっていたような、またあんな状態になるのかとも思った。
 しかしライバルである甲府は敗れていた。思いもよらぬ結果に安堵するとともに、もう一度強い気持ちを持とうと決意した。

 誰がイカルスなのか? 12月にはそれが分かる。僕たちはイカルスには、なりたくない。

 っつーワケで1日遅れの東京ヴェルディ戦です。いろいろとニュースで耳にする東京Vの状況ですが、そんな中でもあれだけのサポーターがチームを信じて集まるのはいいですね。近いってのもあったんだろうけど。
 東京Vは監督が変わってから3連勝。第2クールでも国立で完敗しているだけに、決して侮れない相手であります。ボールホルダーが、それがセンターバックであっても躊躇なく持ち上がって押し上げる、という攻撃には正直恐怖すら感じましたねぇ。

 そして我々は4連勝で迎えた前節、アウェイ熊本に敗れました。確かに未だ昇格圏内にいる鳥栖との直接対決という大きな試合後ということも影響があったんだろうけれども、それでも負けちゃいけない試合に負けてしまった。本当にこの東京V戦が大きな1戦だと思ってスタジアムに行ったわけですよ。

 先制するまでは大きなチャンスがありながらもなかなか得点できず。なんだか熊本戦を思い出す感じ……。それでもなんとか先制できたのは大きかったんだけどねぇ~。得点後に東京Vに大きなチャンスがあったんだが、その時はシュートが逸れて失点にはならなかった。その時何か感じられなかったかなぁ~。
 結局前半終了間際、後半16分と得点され一転追う展開になってしまったわけです。

 そこからいわゆるパワープレイになるわけですが、この日はなんだかモノになりそうにもない雰囲気で……。そんな中GK野澤のスローインから最後の5秒になるわけです。村松が入れたロングボールをジャーンが流し、走りこんだ阿部がたたきこんで同点。そして試合終了と劇的な展開となったワケですね。

 正直これで目標は離れてしまったな、と思ったんですが、まさかの甲府敗戦。これだからサッカーは分からないよな。同勝ち点で迎える直接対決が、本当にどちらが上にあがりたいのかという気持ちが試される試合になると考えています。これまで同様、チームを信じて強い気持ちを持って甲府に集いたいところですね。

 

 その最後の5秒なんですが、野澤がスローインに行った時「おおおお!」と叫んだわけですよ。しかし周りからは失笑が……。そんな平塚競技場の雰囲気も変わっていって欲しいなと思う1戦でもありましたとさ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。