So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

限りなき戦い J2 第49節 ヴァンフォーレ甲府vs湘南ベルマーレ [湘南ベルマーレ2009]

甲府 2 - 3 湘南

  • 前半 6分 中村(湘南)
  • 前半10分 臼井(湘南)
  • 前半25分 金(甲府) 
  • 後半17分 マラニョン(甲府・PK)
  • 後半44分 坂本(湘南)

 


 湘南の先制点が生まれるまでの間に共に1回づつビッグチャンスがあった。試合を楽しむ余裕は一切なく、一瞬たりとも気が抜けない“戦い”が始まっていた。
 2点を追いかけるかたちになった甲府は、常に後半ロスタイムのような攻撃を見せる。そしてそれを湘南は凌ぐ。ボールを奪うとゴールへ向かって走り出す。何度かあった追加点のチャンスはものにできず、逆に1点を返されて終わった前半。あっという間に終わったという感覚と、限りなく続く攻防は息をもつかせぬものがあった。

 

 後半同点に追いつかれてからは、お互いが後半ロスタイムのような戦いとなる。そして本当に迎えた後半ロスタイム。セットプレイからジャーンがふわりと頭でゴールへとボールを送る。そのボールはクロスバーに当たり、ゴール前に位置していた坂本の胸元へと落ちた。坂本のシュートがゴールへと吸い込まれた瞬間、喜びが爆発する。試合終了まで集中力を切らさず、凌ぎきった湘南が大きな1戦を制した。

 反町監督がいう『絶対に勝たなくてはいけない戦い』がそこにはあった。長い間J2という舞台でもがき苦しんできた我々に、初めて“J1昇格”という言葉が発せられる場所までくることができた。
 あと2試合。長かったリーグ戦もあと2試合で終わる。この試合のように一瞬たりとも気が抜けない、ここからの2週間。すべてをかけてシーズンを全うしたい。

 というワケでアウェイ甲府戦です。今までここでは書くことを自粛してきた“昇格”という言葉ですが、やっと書くことができるような位置までこられたんですね。残り1枠となったJ1昇格への椅子をかけて3位と4位の直接対決です。すでに各スポーツ番組などで取り上げられてもいるので試合の方は詳しくは語りません(笑)。

 こちらの最初の失点は、クロスボールに対して飛び込んだジャーンがほんの少し届かなかったというのが最初の大きな要因でしたね。ジャーンは試合開始直後のフリーキックで大きくボールを逸らしていますが、先制点直後にスパイクを代えていますねぇ。なんかちょっとバタバタしちゃったジャーン自身が焦っていたんでしょうか?
 こちらの守備のパターンとしては、スピードのあるマラニョンに対して松村が、高さのある金信泳に対してジャーンがつくといかたち。このかたちは結構サマになっていましたね。村松は何度か裏を取られそうになるも、しっかりとゴールに向かわせないような走りでマラニョンを封じていたし、ジャーンはしっかりと金の高さに対応。素晴らしいセンターバックコンビですよ。

 こちらの得点1点目は田原の強さと中村の冷静な判断が、2点目はアジエルのうまさと臼井のゴールへの姿勢が生んだもの。チームのかたちとしては常に縦に早く、ゴールに向かうというものがありますが、それに加えて個々の力というものが大きく感じられました。
 そして最後の1点。これはまさに運としかいいようがないんだが、クロスバーに当たったボールが坂本の胸元に落ちてきたという意味。運と言っておいて意味ってのも変だけど(笑)。
 最初の1年以外は常に試合に出続け、苦楽を共にした坂本がこの試合の決勝点を決めたということはすごく大きかったと思う。坂本はこのあとベンチに下がったものの試合終了まで一切笑顔を見せなかったし、これならもう浮き足立つことはないな、と思えましたよ。

 そして試合終了後にみんなが抱きつきに行っていた望さんの存在。昨年限りで引退したとはいえ、コーチとして残ってくれたことに本当に感謝したいと思います。

 甲府さんですが、本当に攻撃は怖かったです。センターバックふたりが出場停止というのもありましたが、ゴールキーパー萩の離脱も大きかったのではなかったかな? また最後の失点ですが、その直前まで攻守に存在感を放っていた林の交代も大きかったのではないでしょうか。その前のプレイでどこかを傷めたようで、ベンチに交代を要求していましたし……。本当にいろんなことがおきた後半ロスタイムでした。

 さて次節、ホーム最終戦に草津を迎えることになります。今季はここが大一番! という試合には勝利しています。第2クールアウェイのセレッソ戦、第3クール鳥栖戦ですね。ただし、その直後の試合ではことごとく敗戦しています。それでは大一番での勝敗はまったく意味がないんです。今年もいろいろなジンクスを打破してきたチームです。それをも打破してくれることを心の底から信じています。またたくさんの観客がつめかけるであろう平塚競技場ですが、全員が勝利を信じて集って欲しいですね。

 さあ、残り2試合。すべてをかけよう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。