So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

選ばれし者 湘南ベルマーレ J1昇格記念試合 We're back! [湘南ベルマーレ2010]

We're back! F.C. 1 - 2 TAKE ACTION F.C.

  • 前半27分 アマラオ(We're back F.C.)
  • 後半11分 薮田(TAKE ACTION F.C.)
  • 後半14分 薮田(TAKE ACTION F.C.)

 


 湘南ベルマーレの歴史は、その母体となったクラブをたどると40年を超える。もちろん我々の記憶に残っているのは『ベルマーレ平塚』になってからのものが多いだろう。天皇杯を獲得し、アジアカップウイナーズも制した。98年フランスW杯には4人の選手を送り出した。その栄光もつかの間、『湘南ベルマーレ』となってからの10年間は苦難に満ちたものだった。
 そして昨年、湘南ベルマーレはJ1への昇格を果たした。過去を考えるとこれはひとつの通過点である。しかし昇格を大いに祝うべく開催が決定したのがベルマーレOB戦だ。

 

 急なオファーであったであろうことが想像できるが、豪華なOBメンバーがそろった。そしてその中に中田英寿もいる。もっとも盛り上がっていたであろう98年フランスワールドカップ直後のJリーグの試合には、すでに中田はいなかった。すでに現役を退いている中田が再び平塚のピッチでプレイをする。それだけでも大きな価値のある試合だった。

 この試合に集まってくれたOBを見ただけでその偉大さが分かる。次は今の選手たちがOBに肩を並べなくてはならない。厳しいシーズン前にとても楽しいものを見せてもらえた。さあ、これからが本当の戦いだ。歴史に名を刻もう。

 っつーワケでOB戦であります。ベルマーレサポーターなんで試合が始まるまで相手であるTAKE ACTIONのメンバーがかなり豪華であることに気がつきませんでした(笑)。

 ウォームアップ時にはトレーニングウェアの下に昔のユニフォームを着込んでいた小島さん。息を切らして左サイドを駆け抜ける都並さん。現U-20韓国代表監督を務めるホン・ミョンボと、今も現役で一番苦しい2001~2004年まで在籍し、今での現役のチャカことパラシオスのセンターバックコンビは圧巻だった。惜しくも昨年限りで引退した鈴木将太を完璧に生かすパスを出したのは、反町現監督だ(笑)。

 こう書き出すとキリがなく、そして試合中は観客も含めてずっと笑っていられるサッカーの試合というのは今まで体験したことがなかった。たまにはこういう試合もいいんじゃないかな?
 とはいえこの試合が開催できたのも昨年のJ1昇格があったからであって、チームが弱かったら開催しても無意味だろう。

 今季はかなり厳しい戦いになるのは想像に難くない。もしも今季を乗り切ることができて、J1の舞台にいられることになったら、もう一度やってもいいんじゃない? と思ったOB戦でした。

 

DSC_0029_convert_20100224195654.jpg

 この観客数、この報道陣。今季のホームゲームも常にこのくらいになったらうれしいね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。