So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

One Little Ship J1第4節 vsアルビレックス新潟 [湘南ベルマーレ2010]

湘南 2 - 0 新潟

  • 20分 中村(湘南)
  • 76分 田原(湘南)

 


 99年にJ2へ降格したふたつのチームは相反する道を歩んでいる。浦和レッズはもともと熱狂的なサポーターが多いチームだった。1年でJ1への復帰を果たすと多かったサポーターはさらにその数を増していった。そしていつしか親会社の助けも必要としない、国内でも有数のビッグクラブへとなった。
 かたや湘南は親会社を失ったことが降格の原因であった。まず優先すべきはチームが消滅しないようにすること。そのために目指した総合スポーツクラブというかたち。今やトライアスロン、ビーチバレー、ソフトボールフットサルと他競技トップチームの活動も増え、ホームタウン内で活動を続けている。かたやサッカートップチームは、10年の時を経てJ1へ復帰を果たした。その間に親会社がつくようなこともなく、J1では最低といってもいい予算規模のチームだ。それでも他競技も含めた“ベルマーレ”全体の活動を見たときに、同じようなチームはJリーグ内にはない。予算規模では計れない部分を見れば唯一のチームとなった。

 

 チームを勢いづけるためにはなんとしても勝利が欲しい。それもなるべく早い時期に。今節は昨年見られたような積極的なプレスと粘り強い守備で無失点で切り抜け、素早い攻撃から先制点、後半には人数をかけた攻撃で追加点をあげることに成功した。実に99年以来のJ1での勝利。この勝利で勢いをつけてシーズンを突き進んでいければ、各メディアの予想を覆すことができるだろう。

 予算規模では圧倒的に小さいチームだ。それでも他競技、苦しいときも支えてくれたスポンサー、新しいサポーター、古株サポーターすべての気持ちをひとつにすれば不可能はないはずだ。まずはひとつづつ順位を上げていこう。

 

 

 っつーワケで新潟戦です。新潟もオフの動きを見ているとなかなか厳しいようですが……。それでもやっぱりJ1のチームですからね。ここはひとつ胸を借りにぶつかっていくしかない、という気持ちでしたねぇ。そしてもうひとつ思い出したこと。2004年の天皇杯ですね。
 当初この試合は新潟でやるはずだったんだけど、新潟県中越地震が発生した影響で急遽平塚開催になったんですよね。時は11月13日18:00キックオフ。正直この時期のナイターは寒いんで行くのやめようかとも思ったんですが……ホームでやるならと行ったわけですよ。行く理由の中にはOBである新潟反町監督を見たかったというのもあったし(笑)。
 こちらは2004年最終クールから上田監督となっていましたね。結果3-2で勝利をおさめたわけですが、この時新潟の1点目を決めたのは寺川だったんですよね……。キーパーは野澤だったし。それが今や野澤と寺川はこちらの選手で、監督は反町という。なんの因果でしょうねぇ。
DSC_1317_convert_20100327232603.jpg
 試合後に寺川と野澤がサポーターに挨拶。拍手で迎えられる場面を見ると、愛されていた選手なんだなと実感しました。こちらでも愛されていますけどね!

 試合は前述のとおりなんですが、どちらかというと去年の序盤の戦い方に近いような? しっかり守りつつも、攻撃に入ると躊躇なく前に向かっていくっていう感じ? その中でも前節復帰した臼井が昨年のような縦へ向かう強さが見られたのが収穫でしたねぇ。去年も最初はこんなだったでしょ。ここから少しづつJ1に慣れていければもっと力が出せるようになると思うのよね。まあ簡単に行く相手がいるとも思えないんですけど……。

 とりあえず99年以来の勝利を上げることができましたが、これはあくまで通過点。もっともっと強い相手が待っているわけで、さらに気合を入れていかないといかんですよね。さて次節は(ナビスコカップをはさみますが)浦和戦。 浦和戦はいろいろありますよねぇ~。実はJ2降格同期組みだったり、中村だったり。強い相手に今日のような試合ができるのか? 注目ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。