So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

過去を越えた絆 J1 第6節 vsジュビロ磐田 [湘南ベルマーレ2010]

湘南 0 - 0 磐田

 


 Jリーグブームに沸く1993年、湘南ベルマーレとジュビロ磐田はJFL1部でしのぎを削っていた。結果湘南が優勝、磐田が準優勝となり、94年には“オリジナル10”に加わる初めてのチームとして、共にJリーグに昇格を果たした。後にお互いアジアを制するなど結果を残していったが、ベルマーレはJ2に降格することになってしまった。ベルマーレにとってJ1にしばしの別れを告げるはずの試合はセカンドステージ最終節、ジュビロ磐田戦であった。それからJ1で再会するまでに、実に11年もかかってしまった。

 

 共に1勝1分3敗と降格がちらつく結果であるがゆえに、お互いに勝ちたい1戦であった。湘南はJ2での戦いのような前線からのプレスで、今季初めてボールを支配することに成功していた。が、最後のゴールまでは遠かった。磐田も強力な2トップを擁していながら、攻撃のかたちがなかなか見えなかった。

 ライバルへのそれとは違う同期としての感情。試合後ジュビロサポーターから坂本コールが起こった。かつて磐田に在籍し、今では湘南の顔である坂本へのコールに、湘南サポーターは拍手で返した。お互いにJ1でずっと戦い続けたい。そのためにもさらなる成長が必要だ。この日の戦い方に攻撃へのアイデアをさらに詰め込んでいかなくてはいけないだろう。もう慣れなど言っている場合ではない。強い気持ちですべての試合に臨まなくてはいけない。

 

 っつーワケで磐田戦です。前記のとおりなんですが、なんか強く“ライバル”って思ったことがないんですよね。順位とかは気にしていたけど。それってオレだけかね?

 さてスタメンが変わりました。真ん中のFWが田原から新居へ。左サイドバックには水戸から加入した小澤が初出場。特に田原がいなくなったことでどうなるか、というのが注目でしたね。
 その新居ですがDFの裏を虎視眈々と狙うのが持ち味。それを如何なく発揮して相手DFラインを押し下げていましたね。それ故に中盤が間延び→セカンドボールが今までより拾えるようになり、今季初めてボールを保持して試合を進められたという感じでしょうか? 今季ここまで、昨年あれだけ強さを見せてくれた田原があまりキープできないのであれば、このやり方もいいかもしれませんねぇ。田原には期待しているんですが……。
 それから小澤。これまでサイドバックは右の臼井の攻撃が中心でしたが、この日は前半から小澤のオーバーラップも見られました。前の阿部とのコンビネーションもそこそこで、左からもいいかたちが作れるようになったのはいい材料でしょう。それでいて右からの攻撃もありますから、相手としてはイヤな感じになってきたかもしれませんね。

 ただやはり最後のフィニッシュが課題として見えてきてますね。個人技では圧倒的に劣る湘南ですから、昨季同様人数をかけて相手につかませないことが必要でしょうが、それでもつかまってしまうのがJ1ですかね。そのあたりは監督がいうようにアイデアの問題でしょうか? たまに綺麗にやりすぎているきらいもありますので、たまにはこうガッ! と行って欲しいよね(笑)。

 この日の出場はなかったものの、アジエルのベンチ入りは明るい材料のひとつ。今季これまでJ2と同じメンバー! なんて言っていたけど、それは後半のアジエル抜きのメンバーだったわけで。実際にここにアジエルがトップフォームで入ることができれば相当大きな武器になるんですけどね。
 正直個人技でなんとかしようというチームではないけれど、やはりうまい選手がひとり入っただけでまた変わってきますからね。いきなりフル出場は無理だろうし試合感の問題もあるだろうけれど、なんかやってくれそうと思っちゃうし。早くそういうワクワク感を味わわせてほしいですねぇ。

 さて次節はセレッソ大阪との対戦。昨季激しい戦いを見せてくれた相手に、今どんな試合を展開できるのか? 今後を占う1戦になるでしょうね。個人的にはJ1の舞台で、共に当時とは違うユニフォームを着て対峙する家長と中村の対決が気になりますね。中村曰く家長は当時から「雰囲気があった」らしいですが、今や中村もその雰囲気は持ってると思いますよ? そこもしっかりと見て起きましょうね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。