So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

The Way of the Warrior ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第3節 vs浦和レッズ [湘南ベルマーレ2010]

湘南 1 - 2 浦和

  • 22分 ポンテ(浦和)
  • 25分 三平(湘南)
  • 58分 エジミウソン(浦和)

 


 どこのチームもカップ戦では、リーグ戦と違うメンバーで臨んでくることが多い。リーグ戦での主力を休ませ若い選手や普段リーグ戦出場していない選手に実戦経験を積ませることで、チームとしての力を向上させることが目的だ。そして毎年このナビスコカップで活躍し、リーグ戦でも結果を残す選手は少なくない。今現在リーグ最下位の湘南にとってそのような選手の活躍こそが、リーグ戦で勝ち抜くために必要になってくることだ。
 アウェイで行われた予選リーグ第1節清水戦でフル出場を果たしたハン・グギョンはリーグ戦でもここ数試合に出場し、すでに戦力になりつつある。そして今節、ルーキーの三平が同点ゴールを上げ結果を残した。リーグ戦でも第10節神戸戦では途中出場でゴールを上げている三平だが、90分のゲームを体験していくことでさらなる飛躍を期待される選手だ。

 

 しかし試合結果は敗戦となった。浦和は日本代表に阿部が召集され、田中も予備登録のために出場していなかった。それでも一瞬の隙をついて得点を決めてくるところはさすがだった。
 湘南も自分たちの時間帯を作ることはできていた。足りないものは一瞬の判断力であったりプレイのスピードか。J2から上がってくるチームの最大の課題ではあろうが、ここを克服できずに残留はありえない。幸いにもこのカップ戦からリーグ戦へと活躍の場を増やす選手は存在している。課題をしっかり捉え、1試合1試合大切に戦い抜くことが必要だろう。

 というワケで浦和戦です。チケットはほぼ完売でしたが、ガンバ戦より観客数が少ないのはこれいかに?(笑)会場前から総合公園内は赤い人たちでごったがえしていましたねぇ。同じくらい緑と青も増えて欲しいところなんだが、やっぱりこれは成績とともに、なんでしょうかね?

 さてさて前述のとおりメンバーは少々変わってましたね。その中でも光ったのは三平。得点シーンはもちろんだが、惜しいチャンスに必ず顔を出してくるってのは、何か持ってると思わざるを得ないですね。ただ後半の大チャンスは決めて欲しかったところ。そこをものにできれば完全にスタメンになれそうなんだけどね。

 浦和は阿部がいないことによって、前回の対戦よりは迫力がなかったと友人が述べていましたが、確かにガンバ戦の後半ほどの絶望感はなかった。むしろチャンスを何度か作っていたところを見るとガンバ戦が糧になっているのか。まあそう思うことにしておきます(笑)。

 試合後に中村が浦和サポーターに挨拶に行ったシーンは印象に残りましたね。浦和ユースで全国に名を轟かせながらも、トップチームでは試合に出場できずに移籍していった選手に対して、ああいうエールを送ってくれるってのはこちらもうれしいですし。中村もこちらにとっては欠かせない選手になってきたし、今一番なにかやってくれると期待しています。もう一度“東の中村”と呼ばれるようにがんばってくれ!

DSC_3849_convert_20100523164242.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。