So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

レビュー:J2 第9節 vs横浜FC [湘南ベルマーレ2011]

湘南 0 - 1 横浜FC

  • 1分 荒堀 謙次(横浜FC)

 


 キックオフのボールを奪った横浜FCは右サイド、湘南の左サイドを攻める。前節初出場を果たし今節は初スタメンとなった横浜FCの荒掘謙次は、湘南の左サイドバック石神直哉をドリブルで抜き去りゴールへと向かう。センターバック遠藤航のアプローチもかわすとそのまま角度のない位置から豪快なシュートを、湘南ゴールに突き刺した。
 キックオフから1分と経っていない時間帯での失点にも焦りを見せず攻撃を仕掛けるが、最後まで横浜FCのゴールネットを揺らすことはなかった。昨年の惨敗を糧に新たな戦い方を自らのものとしようとするために苦悩する姿が、そこにはあった。

 

 というワケでホーム2戦目、第9節となります。実は開幕戦もレビューを作成していたんですがその最中に大きな地震があり、結局更新はしませんでした。なるべく早めにレビューしていきたいですね。

  開幕戦から7週間ほど空けて、先週リーグ戦が再開されました。その間に怪我人の発生、復帰などもありスタメンが変わっていたと同時にシステムも変わっていましたね。それでも変わらないのは戦い方。しかもそれは今現在発展途上中。
 99年は固い守備からの素早い攻撃というのが一般的な見方。そしてそれを踏襲して向かえた昨シーズン。個人技で上回る相手にそれは通用しなかった。そして今季、再びJ2となったもののその先=J1再昇格を見据えて新たな戦い方を模索している。それがボールを保持しつつ、固い守りの相手を崩すということだ。そしてこの試合、早い時間の得点により守備に意識を高く持っていった横浜FCに対しボールを保持しつつ攻め込むも、最後までゴールを奪えなかった。この結果こそ、湘南の現在地ということだ。
 流れるようなショートパス交換で相手を崩しかけるも、ほんの少しのズレなども垣間見える。こういったところは練習でコンビネーションを上げるということではなく、いかに実戦の圧力の中でもブレずにやれるかということだろう。リーグ戦も再開してまだ2試合。この先の実戦でいかに精度を上げていけるかに、今後の湘南の成績はかかってくるだろう。

 個人に目を向けると、目につくのは永木亮太。昨年は強化指定選手であり実質ルーキーなわけだがボールさばき、攻撃参加のタイミングなどかなりレベルが高い。ただ一部まだ “軽い” プレーがみられるのも事実であり、そこを改善していけばかなりの選手になるんじゃないかなぁと個人的に期待大。 もうひとりが途中出場の岩上祐三。今季の強化指定選手で本職は右サイドバック。この日はひとつ前のポジションだったからか前への意識が非常に強く、好感が持てますね。大きな武器となりそうなロングスローも魅力でしたね。
 鎌田翔雅は、やはり臼井幸平と比較されてしまうのでちょっと厳しいが現時点ではなかなかいい感じだと、個人的には思ってます。守備については経験がモノをいうわけで、少しづつでも上達していってくれればいい。ただ攻撃に関しては物足りない。臼井に絶対的に劣っているのは前への推進力。クロスバー直撃のシュートをはなつなど、後半は何度かいい攻め上がりがあったものの、臼井と比べるとその回数は少ない。先の岩上も同じ右サイドバック。このポジションは非常に激しい争いがあるが、今のうちにいいイメージを植えつけてほしいところですね。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

えみこ

勉強になりマス
昨日の試合、見に行きましたー
やっぱり現場で見るとずっとおもしろいなあと思いました。

セミサポーターとしてひっそり応援中
(なので応援グッズは何一つ持ってないけどハンカチとかブラウスは若干緑色)



by えみこ (2011-05-01 22:42) 

がく

はじめまして。放置してごめんなさい(笑)。

やはりサッカーは現場での観戦が一番ですね。
それに加えて見る人によって見方も違いますし。はまればはまるほどおもしろいですよ。

若干緑色が入ってる段階で、セミはとっちゃっていいような気もします(笑)。
by がく (2011-05-06 23:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。