So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

シーズン総括その3~戦術変更とその失敗点 [湘南ベルマーレ2011]

■J1で通用する戦術へ
 選手を大きく入れ替えただけではなく、戦術も変える。これが反町康治監督がいうところの再構築の出発点だった。
 2004年末からの継続路線によりJ2において少しづつ順位が上がり、昇格が見える位置にまでたどり着いた。そして目標であったJ1に到達したものの、それまでの戦い方では通用しないということを痛感したのが2010年。J1昇格という目標のその先、J1で戦い続けるための戦い方をJ2で身につけようということだった。
 1年間ながらJ1を経験した今だから言えるが、やはりJ2とはレベルが違った。J1のチームは、J2では無視していた部分を必ずやビッグチャンスに結び付けてくるのだ。
 例えばセンタリング。2009年における湘南の守備のひとつにセンタリングはある程度あげさせて構わないという部分があった。それは中に高さに強いジャーンがおり、跳ね返す確率も高かったという理由と、J2の場合そのセンタリングの精度が高くはないという理由があった。それに加えて、仮に精度が高いクロスが入った場合でも、それを必ずや得点に結び付けられるフォワードも数少ない。ゴール前においてマンツーマンで体をつけるような守備をし相手を自由にさせなければそうやすやすと失点はしなかったのだ。2009年の被シュート数は水戸、熊本についで多い625本。しかし失点は1試合平均1.02。これはリーグで3番目に少ない数字だった。
 これらを踏襲して戦ったJ1だったがセンタリングの精度は高く、中でしっかりと仕事をするフォワードも多い。そして個々の力、フィジカルも強くマンツーマンでは太刀打ちできない場面がしばしば見受けられた。シーズン中盤から守備に対しての戦術が変わったように見えたが、付け焼刃では通用しなかった。今季はその守備の部分の戦術変更を行い、J1で戦い続けられるものに再構築を始める初年度であった。

■守備の戦術浸透度とチームの底上げ
 今季はボールを保持する時間を長くし、相手にシュートで終わらせないということがひとつの課題であった。その上で見ると被シュート数はリーグで6番目に少なかった。ただし守備の方法という部分では、特に6月から7月にかけての5連敗中に徹底できていない部分が見てとれた。それがマンツーマンからゾーンディフェンスへの変更部分だ。
 ボールホルダーやフリーの選手に対するマークの受け渡しというものは、選手それぞれがしっかりとコミュニケーションを取らなければ、そうそううまくはいかない。特に今季は大きく選手が入れ替わっている。これまで存在した “あ・うん” の呼吸というものは無いに等しい。そういう状況下での連敗中、ただただボールホルダーの前に立ち少しづつ押し込まれていく選手の姿が見受けられた。ひとりが押し込まれれば当然ディフェンスラインも低くなる。結果ゴールが近くなりシュートを打たれる。そしてそれが失点へとつながっていっていたというわけだ。今季の成績低迷のひとつが、この連敗中に守備陣の修正を早急に改善できなかったことがあげられよう。
 シーズン終盤の6連敗は少々趣が違った。対戦相手に上位チームが続いていたということもあったが5連敗中ほど守備陣が崩壊したわけでもなかった。この6連敗中には遠藤航、ハン・グギョンといった守備でチームに貢献してきたふたりがそろって出場できた試合がなかった。裏を返せば控えの選手たちの底上げという課題が未達成だったとも言える。特に遠藤、ハンは年代別代表に招集された選手だ。ふたりよりも年齢が上の選手たちが出場していての連敗。チームの底上げをテーマにしての選手構成だったが、この部分での失敗も避けて通れない課題だろう。

■攻撃面での必要だった選手
 攻撃については数多くの不幸が重なってしまった。田原豊のコンディション不良。巻祐樹、中村祐也の怪我。佐々木竜太のスランプ。そして1年以上試合に出場していなかったアジエルの試合勘不足。予期できぬ事象も数多くあり、1年を通して攻撃のかたちが作れなかったということが言える。
 しかし今季、ボールを保持して相手を崩すという戦術を取るという中このチームに居れば、という選手が浮かぶ。それが寺川能人だった。寺川はボールをキープすることに長けていた。攻撃に移る際、少し時間が欲しいという時にボールをキープできる選手が今季はいなかった。何度かここに寺川が居て、一瞬ボールをキープしてくれていればということがあった。そしてその姿すら想像できる。
 今季ベテランの役割をほぼ生え抜きと言っていい坂本紘司と臼井幸平が担うことが、チーム編成からも見て取れた。当然ふたりはそれだけの経験も有し、その役割にふさわしい。しかし戦術面とつまみ合わせると、今季こそ寺川が必要だったのではないかと思わざるを得なかった。
 本来ならそのボールをキープする役割をアジエルがはたしてくれるはずだったのだろうが、さすがにそれは酷だったようにも思える。シーズン終盤こそコンディションが上がり、そういったプレーも見せてはいたものの、1年間を通してそれができると踏んでいたのであれば、その見通しというものはあまりに稚拙だったかもしれない。

■2015年に向けて
 新たな戦術を採用し、育成と勝利という難しい課題に取り組んだ反町監督。その3年目はJ214位という結果に終わってしまった。若い選手たちに対する指導という部分では非常にいいものを見せてくれていただけに、今季限りでの退任という結果は非常に残念だ。今季輝きを見せた若い選手たちは、反町監督のためにも来季以降更なる活躍をしなくてはいけない。
 またチームとしてはこの新たな取り組みを見せた1年を無駄にしないためにも、最低でも今季目指した戦い方を浸透させられるような環境を作りあげなくてはいけない。そしてもうひとつ “2015年にはJ1に存在する” というマニュフェスト『フューチャー2015』達成のために、もう1年も無駄にすることはできないことを認識しなくてはいけない。
 この1年があったからこその未来を見られるように、切に願うところだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。