So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

レビュー:J2 第18節 vsカターレ富山 [湘南ベルマーレ2012]

湘南 1 - 0 富山

  • 90分+1 中村 祐也(湘南)

 アウェイで行われた第17節ギラヴァンツ北九州戦において今季3敗目を喫した湘南。ここ8戦勝ちがない状況の上、怪我人の増加やカードトラブルにより、今節は厳しい戦いが予想された。
 しかし試合は終始湘南のペースだった。しかし枠を捉えたシュートは富山のゴールキーパー鶴田達也に幾度と無く阻まれる。集中力を切らさないで守る富山のゴールにボールが吸い込まれたのは、ロスタイムに入った直後だった。

 この8戦で見せられたような厳しい試合であったが、随所にそれを打ち破るような湘南の攻撃が見られた。これが曹貴裁監督のいう次のステップの片鱗なのだろうか。そしてこれを継続できてこそ、ひとつ上の段に乗ることができる。前半戦も残り3試合。この3試合に湘南の浮沈はかかってくるだろう。

 

 湘南はここに来て怪我人が増加傾向にある。特に遠藤航の8週間の離脱はチームにとって非常に大きな悩みの種であろう。遠藤は3人のディフェンダーの真ん中に位置する選手。開幕前からこの遠藤のバックアップに適切な選手が見つからないというのが課題として上がっていたが、このシーズン中盤にかけての離脱は想定できていなかっただろう。
 さらに今節は古橋達也、ハン・グギョン、大野和成が出場停止。チーム全体の総合力が問われる1戦となった。

 富山は安間貴義監督就任2年目。昨季16位となった主力選手たちはほぼ残留しチームの底上げを図った。チームとして13年までに一桁順位を目指すという目標に向けて、非常に現実的なステップを踏んでいる。今季は17節の段階で19位と低迷しているが、前節では首位だった京都に対して引き分けている。前線からのプレスがうまくはまれば、それは前掛かりになる湘南にとっては非常に危険な状況になるであろうと予想された。

 しかし試合では、富山はどちらかというと引いて守る、湘南の出方を伺うように始まった。そして湘南はこれを打破すべく、序盤から猛攻をしかける。最初に富山のゴールマウスを捉えたシュートは、11節愛媛戦以来のスタメンとなった宮崎泰右。得意のドリブルで右サイドを駆け上がると中に切り込んでのミドルシュート。シュートを打つ段階で富山の守備陣はペナルティエリア内を占拠していた。湘南の選手も当然のごとく駆け上がっていたもののすでにスペースは無い状態。やはりこういう場面で相手を脅かすためにはシュートが必要だということを分からせてくれるプレーだった。
 コーナーキックから坂本紘司が大きなチャンスを迎えたものの、これもゴールキーパーに阻まれる。富山はセットプレイの守備に強く、ここではディフェンダーこそ慌てたものの、ゴールキーパー鶴田だけはしっかりと集中していた。
 前半に、この試合唯一と言ってもよいピンチが訪れたが、これは富山の前線からのプレスがしっかりとはまっていた。ボールを受けた永木亮太に対して3人が寄せ、後ろではなく横に出したパスを奪われた格好だ。永木は非常に攻撃に対しての意識が強く、ボールを受けると常に前を狙う、あるいはキープして上がりを待つ。こういった場面においてもそういう意識でいたのだろうが、ここで一旦後ろに預けるという選択肢も残しているべきだ。すべてを自らで背負わず、もっと気軽に、楽しんでプレーしてもいいのではないだろうか?

 後半も湘南の攻撃は続く。狭いながらも見つけたディフェンスラインの裏に全力で走りこんだ高山薫のシュートは阻まれる。初出場初スタメンとなった三原向平からのクロスを高山が頭で合わせるも、ディフェンダーが最後まで集中を切らさず高山に体を付ける。セットプレーから坂本が頭で合わせるもクロスバーに弾かれる。
 これ程までにゴールに嫌われると、9試合連続勝ちなしという結果が頭に浮かんでくる。それを打ち破ったのはロスタイムに入った直後だった。
 すでにブロックを作り衝け入る隙を与えない富山守備陣。中央付近でボールを持った中村祐也は右サイドでフリーとなっていた古林将太へパスを出すと、一気にゴール前へ駆け上がる。そして古林が放ったクロスは、中村の軌跡に合わせるかのような絶妙なものだった。中村の放ったヘディングシュートはゴールキーパー鶴田に触れられたものの、そのままゴールに吸い寄せられた。

 この試合では随所にブロックを崩そうという意識が見られた。結果的に得点にはいたっていないが、この試合でみせた攻撃のかたちを全員で共有することにより、さらに攻撃力は増すだろう。次のステップへの一歩は、確実に踏み出された。
 次節は首位山形との対戦。その歩をさらに強く前に進めることができるのか。胸を借りるのに格好の相手である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。