So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
湘南ベルマーレ2011 ブログトップ
前の10件 | -

シーズン総括その3~戦術変更とその失敗点 [湘南ベルマーレ2011]

■J1で通用する戦術へ
 選手を大きく入れ替えただけではなく、戦術も変える。これが反町康治監督がいうところの再構築の出発点だった。
 2004年末からの継続路線によりJ2において少しづつ順位が上がり、昇格が見える位置にまでたどり着いた。そして目標であったJ1に到達したものの、それまでの戦い方では通用しないということを痛感したのが2010年。J1昇格という目標のその先、J1で戦い続けるための戦い方をJ2で身につけようということだった。
 1年間ながらJ1を経験した今だから言えるが、やはりJ2とはレベルが違った。J1のチームは、J2では無視していた部分を必ずやビッグチャンスに結び付けてくるのだ。
 例えばセンタリング。2009年における湘南の守備のひとつにセンタリングはある程度あげさせて構わないという部分があった。それは中に高さに強いジャーンがおり、跳ね返す確率も高かったという理由と、J2の場合そのセンタリングの精度が高くはないという理由があった。それに加えて、仮に精度が高いクロスが入った場合でも、それを必ずや得点に結び付けられるフォワードも数少ない。ゴール前においてマンツーマンで体をつけるような守備をし相手を自由にさせなければそうやすやすと失点はしなかったのだ。2009年の被シュート数は水戸、熊本についで多い625本。しかし失点は1試合平均1.02。これはリーグで3番目に少ない数字だった。
 これらを踏襲して戦ったJ1だったがセンタリングの精度は高く、中でしっかりと仕事をするフォワードも多い。そして個々の力、フィジカルも強くマンツーマンでは太刀打ちできない場面がしばしば見受けられた。シーズン中盤から守備に対しての戦術が変わったように見えたが、付け焼刃では通用しなかった。今季はその守備の部分の戦術変更を行い、J1で戦い続けられるものに再構築を始める初年度であった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

シーズン総括その2~新規加入選手の明暗 [湘南ベルマーレ2011]

■期待されたレンタル移籍組
 スポーツにおいて誤算はつきものだ。時としてそれは嬉しいものにもなれば、悲しいものにもなる。そして最初の誤算は少々悲しいものとなった。
 今季レンタル移籍により湘南に加入した巻佑樹と佐々木竜太。共に田原豊、中村祐也と切磋琢磨すべき存在だったと思われる。しかしポジションを争うべきふたりが怪我で離脱を余儀なくされてしまった。結果巻と佐々木は開幕戦のスターティングメンバーとなる。
 開幕戦で2得点をあげた佐々木には大きな期待が寄せられた。昨年のチーム内得点王であった阿部吉朗のレンタル移籍があったために、得点力に不安があったからだ。しかし佐々木はその後スランプに陥る。そしてチームとしては最低限の仕事である “走る” ことを疎かにしていた部分もあった。第12節後には反町康治監督もその点に触れている。その後佐々木の運動量は格段に上がり、チームの一員としての役割をしっかり果たせるようになってきた。しかし今度はゴールが遠のいてしまう。31試合1,507分の出場でわずかに3得点。フォワードとしては物足りない以前の結果になってしまった。一方怪我のためにほとんど試合に出場しなかった中村は5試合253分で3得点。1年間戦力として計算できなかった部分は当然マイナス評価ではあるが、得点のにおいを漂わせるという点においては佐々木を凌駕していたことも事実だ。
 巻は第16節の怪我のために、シーズンの中盤以降はメンバーから外れてしまう。前線からの守備、体を張ったプレーには目を見張った。しかしやはり彼もフォワードである。12試合620分で無得点という結果には不満が残った。そして同じポジションの田原は、コンディションが整ってきた終盤においては彼らしいプレーが随所に見られた。攻撃時においてのポストプレイなどは数段上であったことはもちろん、これまでとは違いサイドに流れてチャンスを作るなど新たなスタイルも見出してきた。このふたりもシーズンの最初から最後まで、怪我もなく競い合っていればチームとしての結果も違っていたのかもしれない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

シーズン総括その1~チーム編成と序盤の連敗 [湘南ベルマーレ2011]

 J1に昇格した2010年は惨敗に終わり、再度昇格を目指した2011年。しかし結果は14位。優勝を果たしたFC東京とは勝ち点31の差が、3位で昇格となったコンサドーレ札幌とも22の勝ち点差がついてしまった。
 今季は最後までユニフォームの胸の部分にスポンサーがつかないなど、経営的にも苦戦が強いられたことも事実ではあろうが、やはりこの結果は物足りないものだ。幸いにも湘南はある程度 “開かれた” クラブである。それらの話も踏まえたうえで、今季を振り返ってみたい。

■年齢バランス重視のチーム編成
 昨シーズン途中にジャーンが退団(のちに引退)し、村松大輔が清水エスパルスへ移籍。特にジャーンは高さもあり強さも折り紙付きだった。しかしチームとしては同じようなタイプの外国籍選手を獲得することはしなかった。そこには現在ある戦力の奮起を促すという側面もあったと思われる。
 そこで獲得したのが大井健太郎(ジュビロ磐田・期限付き移籍)だ。チーム在籍5年目となる山口貴弘と同じ年齢であるふたりが切磋琢磨することによりチームの守備力を上げようという算段だ。
 このような動きは他のポジションにも見られていた。田原豊に対しては巻祐樹(名古屋グランパス・期限付き移籍)、中村祐也に対しては佐々木竜太(鹿島アントラーズ・期限付き移籍)といった具合に、現有選手に対して年齢が違い、ポジションが同じ選手を獲得している。

 すでにJ1を経験した永木亮太をはじめとした大卒3人は22、23歳。ユース出身や高卒選手であればプロ入り5年目に相当する。世界的に見るとこの年齢でチームの主力になっていることは少なくなく、むしろ頭角を現すには遅い年齢かもしれない。即戦力と見ると同時にここ数年在籍するユース出身選手のレベルアップのためにも必要な年代の選手たちだ。

 年齢層的にもうまくいっているように見える補強ではあったが、一抹の不安があったことも事実だ。それは寺川能人の代わりの部分である。ベテランは一般的に選手の手本となり、試合中には選手に支持を送り、それらを実行できる経験もある。チームとしてはその部分を坂本紘司や臼井幸平に担ってもらいたかったことが分かるし、実際にそうなってほしいという気持ちもある。そして今季はそうなれるのか、そうではないのかをはかるシーズンであったのかもしれない。

 昨季に比べると若い選手が増え、その年齢層にもバランスが取れたチーム編成となった。そしてシーズン序盤の好調さには、昇格の言葉を意識することも可能だった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第37節 vsコンサドーレ札幌 [湘南ベルマーレ2011]

湘南 0 - 2 札幌

  • 61分 古田 寛幸(札幌)
  • 83分 宮澤 裕樹(札幌)

 


 今季ホーム最終戦となる第37節。対戦相手は昇格を狙うコンサドーレ札幌。前回の対戦は震災による中断が明けた4月23日に行われた第8節、実質今季の2試合目だった。もう遠い過去の記憶となるその試合では、湘南が1-0で勝利をおさめている。

 

  時は経ち両チームを取り巻く環境は大きく変わっている。湘南は反町康治監督の退任と、6年間在籍したアジエル選手の退団が発表された。湘南の歴史に名を残すであろうふたりにとっては、最後の平塚競技場での試合。是が非でも勝利で送り出したいところだった。

 しかしそれも儚い夢に終わった。0-2での敗戦。この試合で見えた上位チームとの確実な差。これを必ずや詰め、再びJ1で戦うと誓うことこそ、退団するふたりへの手向けとなろう。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第36節 vs徳島ヴォルティス [湘南ベルマーレ2011]

湘南 1 - 2 徳島

  • 22分 田原 豊(湘南)
  • 61分 徳重 隆明(徳島)
  • 77分 徳重 隆明(徳島)

 

 強い風にのった雨が競技場全体をたたきつける。キックオフ直後、菊池大介がドリブル突破を計るもボールがピッチの水溜りにとられ、やすやすとボールを失ってしまう。パスも同様で、予想はしていたが素晴しい “サッカー” が見られる状態ではないなということを実感した。

 と同時に似たような状況で行われた試合を思い出す。9月19日に行われた第28節 徳島対FC岐阜の1戦だ。鳴門大塚で開催されたこの試合でも、朝から激しい雨に見舞われていた。特に前半、徳島が攻め込むゴール側の水溜りは顕著で、強いパスを出してもことごとくボールはスピードを失っていた。岐阜の守備陣に手を焼いていた徳島ではあったが、ディフェンスラインの裏に “跳ねた” ボールに反応した柿谷曜一朗がゴールを決めると、後半にはPKを含めて3得点。失点もあったが結果4-1で徳島が勝利している。この試合の後半ではシンプルながらも要所で個人技が光り、完全に岐阜を圧倒していた。

 前半に1点をあげた湘南ではあったが、後半は徳島対岐阜のような展開になってしまう。しかし惜しむらくはその2失点ともがディフェンスのミスからのものであったことだ。完全に相手のかたちとなり崩されたのではなく、ミスからの失点。それが現在3位につける徳島との差なのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第34節 vsFC東京 [湘南ベルマーレ2011]

湘南 1 - 2 FC東京

  • 72分 ロベルト セザー(F東京)
  • 75分 アジエル(湘南・PK)
  • 81分 ロベルト セザー(F東京)

 


 ファウルだったのか、ラインを割ると思ったからなのか。ほんの一瞬スピードを遅めた鎌田翔雅を尻目に、ラインを割る直前にボールに触ることができた谷澤達也。遅れてディフェンスに入った鎌田をかわしクロスを上げると、そのボールはロベルト セザーの頭にピタリと合った。
 自陣左サイドで守備に奔走していた高山薫は、相手との競り合いに勝ちボールをキープした。相手選手を背にした高山は、そのボールを外に出すでもなく、前に大きく蹴り出すでもなく、ただ闇雲に前方へ蹴った。結果そのボールはフリーの中村北斗に渡り、そのまま突破を許してしまう。そしてロベルト セザーの素晴しいゴールへとつながっていく。

 

 よく言う一瞬のスキをつかれた2失点ではあったが、この日J1昇格への道が閉ざされたのはこういうプレーを積み重ねてきてしまった結果だ。昨年とはメンバーも戦い方も変わった今季、新たなものを確立していかなくてはならなかった。その中で生まれた小さなミスの積み重ね。まだまだチームとしての成熟度が上がっていないことをも裏付けてしまった格好だ。

 早くも来季に目を向けざるを得ない状況となってしまった。それでもまだ今季は続いていく。最後までひとつでも多くの勝ち点を取ることこそが、来季への糧となる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第7節 vs京都サンガF.C. [湘南ベルマーレ2011]

湘南 0 - 1 京都

  • 63分 オウンゴール(京都)

 


 時おりスタンドを駆け抜ける冷たい風が、冬を思わせる。水曜日のナイターにもかかわらず6,000人を集めた試合は、終了とともにその寒さを増幅させた。

 

 試合前に行われたエキシビジョンマッチは大いに盛り上がり、ベルマーレレジェンドのおかげですでに会場は “できあがって” いる状態だった。このような状態であると得てして雰囲気に呑まれ、ゲームが壊れる嫌いがある。その雰囲気を壊したのは確実に今のベルマーレの選手たちだった。それもいい方に、だ。
 試合開始から湘南ペースで始まり、京都を圧倒する。それでも肝心の得点は入らない。そして後半のオウンゴール。ビハインドを追っての展開にも何度かチャンスを得るがゴールを割ることができない。終盤に至ってはシンプルな攻撃に終始しての敗戦であった。

 レジェンドに見せたかった、レジェンド目当てに来場した人たちに、今のベルマーレを見せられなかったことが、非常に歯がゆい。そしてこの敗戦は、昇格を狙うと公言しているチームにとっては大きすぎるものでもあった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第32節 vsFC岐阜 [湘南ベルマーレ2011]

湘南 7 - 1 岐阜

  •  3分 田原豊(湘南)
  • 24分 田原豊(湘南)
  • 31分 坂本紘司(湘南)
  • 46分 アジエル(湘南)
  • 64分 田原豊(湘南)
  • 74分 菊池大介(湘南)
  • 81分 ルーカス(湘南)
  • 90+2分 押谷祐樹(岐阜)

 


 終ってみれば大勝ではあったが、試合後の反町監督のインタビューは厳しいものだった。そこにはここで満足していてはいけない、という気持ちが見て取れる。監督自身まだ昇格をあきらめていないことの表れでもあろう。
 そして選手からも同じ気持ちを感じ取ることができる試合でもあった。攻撃的なスタイルを最後まで貫きとおし、試合終了と同時に座り込む選手も少なからずいた。得点差があろうともひとつでも多くゴールを上げることこそ、今必要なことでもあるからだ。

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

リポート:富山戦~鳥取戦にて。 [湘南ベルマーレ2011]

 勝ち点が拮抗している中、第5節では京都相手に敗戦を喫し順位を6位に落としてしまったジェフ千葉。続く第30節ではアウェイ愛媛を破り4位へと浮上した。千葉のドワイト監督は、試合後のインタビューを次のように締めた。

「今季、昇格のプレッシャーの中でプレーしているが前節は京都に負けて、今日はテストだった。レースに残ることができるかのテストに勝つことができてよかった。選手はどうやら、レースに残りたい気持ちがあるようだった」

 湘南は選手のコンディションも上がり、ここ数戦ではいい戦いを見せていた。しかし勝ち点を見るとすでに負けは許されない状況に変わりはなかった。事実スタジアムで配布されるマッチディプログラムにも「すべてが決勝戦」という文字が躍っている。
 サポーターも同じような気持ちで向かえた第30節鳥取戦。前半のオウンゴールでの失点を跳ね返すことはできず、敗戦となった。ドワイト監督の言葉を借りれば、スタンドから見た選手たちからはレースに残りたい気持ちがあるようには見えなかった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第28節 vs水戸ホーリーホック [湘南ベルマーレ2011]

湘南 3 - 2 水戸

  • 48分 高山薫(湘南)
  • 56分 遠藤航(湘南)
  • 68分 アジエル(湘南)
  • 90分 島田祐輝(水戸・PK)
  • 92分 遠藤敬佑(水戸)

 


 

 アウェイで行われた富山戦では、2点を追う展開となった後半に3得点を上げ逆転勝利を飾った。この水戸戦では前半こそ攻めあぐねた湘南だったが、後半開始直後に高山薫の素晴しいゴールが決まると、後半30分までには3-0というスコアになる。
 しかし残り15分のパワーは水戸の方が上だった。90分にはPKで、ロスタイムにも失点。スコアは前節と同じものとなる。さらに続くロスタイムにも決定的な場面を迎えるが、なんとか凌ぎきり勝利を飾った。実に14、15節以来の連勝となった。
 と同時に課題も見える。それはすべての選手が同じ絵をイメージしているかということだ。この試合で言えば残りの15分、交代で入った選手はスタートから出ている選手と同じイメージを持っていたのか。スタートから出ていた選手は交代で入った選手の意図を汲み取れていたのか。このイメージの乖離をなくすことこそ、残り試合を勝ち抜くために必要なことである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 湘南ベルマーレ2011 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。