So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
湘南ベルマーレ2012 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

レビュー:J2 第25節 vsモンテディオ山形 [湘南ベルマーレ2012]

湘南 0 - 0 山形

 


 
 両チームに共通点があるとすれば、共に新人監督であることである。そして共に攻撃に重きを置くスタイルを標榜し、選手に対しては自主性をおもんばかっている。相違点があるとすれば、それは昨年までの戦い方だ。湘南は常々攻撃を重視するスタイルであり、山形は守備に重点を置いた戦い方でJ2を戦い抜き、J1で3シーズンを過ごしてきた。

 

 湘南にとってはその山形の楚となる守備陣に手を焼いたという印象が残った。得点を奪うことの難しさを痛感した、今季2度目の無得点試合だった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第22節 vs松本山雅FC [湘南ベルマーレ2012]

湘南 1 - 1 松本

  • 36分   島村 毅(湘南)
  • 90分+3 船山貴之(松本)

 


 湘南はリーグ戦前半を4位で折り返した。開幕前の予想を大きく覆した途中経過ではあるが、この4位という数字は結果ではない。決して一瞬でも気を抜くことなくチーム、サポーターが一丸となって後半戦に臨まなくてはいけない。
 その後半戦初戦の相手は松本山雅FC。昨年は湘南を率いていた反町康治監督をホーム平塚に迎える。2009年にはまざまざとその “監督力” を我々に見せ付けた反町監督は、後半戦初戦にはうってつけの相手だ。この相手に対して自らのスタイルを貫き通せるのか? そして勝利を奪えるのか?

 

 結果は前半戦の対戦と同様の引き分けに終わった。湘南にとっては今季8度目の引き分けであった。しかしこれまでと違うのは、この試合は確実に勝ち点2を失ったということだった。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第20節 vsファジアーノ岡山 [湘南ベルマーレ2012]

湘南 2 - 0 岡山

  • 17分 高山 薫(湘南)
  • 52分 中村 祐也(湘南)

 


 試合開始から約10分。岡山の金民均のヘディングシュートは枠を捉えたものの、湘南ゴールキーパー阿部伸行が体を投げ出してそのボールを弾き出した。
 一方の湘南はその数分後、永木亮太のクロスに高山薫が頭で合わせてゴールを決めた。岡山のディフェンダーより一歩前に出たからこそ決めることができたシュートだった。

 

  この最初のビッグチャンスをものにした湘南が試合を制した。開幕戦で見せたような、相手の出方を窺うことなく自分たちのかたちを出し切り得た得点には、確実にその歩を進めたと感じられた試合だった。

 そしてもうひとつ。岡山の試合メンバーからは、今Jリーグ全体の問題点も見え隠れしている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第18節 vsカターレ富山 [湘南ベルマーレ2012]

湘南 1 - 0 富山

  • 90分+1 中村 祐也(湘南)

 アウェイで行われた第17節ギラヴァンツ北九州戦において今季3敗目を喫した湘南。ここ8戦勝ちがない状況の上、怪我人の増加やカードトラブルにより、今節は厳しい戦いが予想された。
 しかし試合は終始湘南のペースだった。しかし枠を捉えたシュートは富山のゴールキーパー鶴田達也に幾度と無く阻まれる。集中力を切らさないで守る富山のゴールにボールが吸い込まれたのは、ロスタイムに入った直後だった。

 この8戦で見せられたような厳しい試合であったが、随所にそれを打ち破るような湘南の攻撃が見られた。これが曹貴裁監督のいう次のステップの片鱗なのだろうか。そしてこれを継続できてこそ、ひとつ上の段に乗ることができる。前半戦も残り3試合。この3試合に湘南の浮沈はかかってくるだろう。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第16節 vs徳島ヴォルティス [湘南ベルマーレ2012]

湘南 0 - 0 徳島


 
 前節はアウェイで栃木SCと引き分けたが、栃木の松田浩監督は自らの手の内は明かさなかったものの「湘南はここのところどこのチームも対策を練って、うまくやり出したなという感じがする」と語った。勝利から見放されているここ7試合を見ると、なるほどうまく湘南の良さを出させないチームが多いと感じる。
 一方湘南の曹貴裁監督は湘南に対する策に対して「我々がそこを乗り越えて勝ち点3を取っていく第2ステップの時代に入った」と選手に伝えたという。一度J1に昇格したからこそ分かる、チーム全体、選手ひとりひとりの成長を促す発言だ。
 その成長は確実に歩を進めていると実感することができるが、大きく足を上げるまでには至っていない。結果に対する過程にしては苦しい時期だが、ここを乗り越えてこそ大きな結果を得ることができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第14節 vs大分トリニータ [湘南ベルマーレ2012]

湘南 1 - 1 大分

  • 26分 西 弘則(大分)
  • 64分 遠藤 航(湘南)

「まったく湘南らしくない。目を覚ませ」
 ハーフタイムに曹貴裁監督から発せられた言葉どおり、前半は今季ここまで見せた湘南らしい攻撃、守備が一切見られなかった。そしてこの言葉を受けた後半は一転、湘南らしい攻撃が最後まで続いたものの、試合は引き分けに終わった。
 なぜ前半は湘南らしく戦えなかったのか? それは今湘南ベルマーレが置かれている状況にあるのかもしれない。そしてそれを乗り越えることこそが、今年のテーマである “GET3” の “G” であるGrowth=成長につながっていくだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第12節 vsヴァンフォーレ甲府 [湘南ベルマーレ2012]

湘南 1 - 1 甲府

  • 39分 馬場 賢治(湘南)
  • 52分 高崎 寛之(甲府)

 第10節水戸、第11節愛媛に対し連敗を喫した湘南。今節の対戦相手は3位に位置する甲府だ。圧倒的なシュート数と、リーグ最小の被シュート数からも、苦戦が強いられることが予想された試合だった。
 素早い攻めから発生した甲府のミスに乗じて得た得点。攻めに行く姿勢を見せたが故に生まれた失点。そしてひとりの退場者。そこで湘南が今季初めて見せたのは、守備へのシフトだった。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第10節 vs水戸ホーリーホック [湘南ベルマーレ2012]

湘南 1 - 2 水戸

  •  6分  ロメロ フランク(水戸)
  • 38分 馬場 賢治(湘南)
  • 87分 島田 祐輝(水戸)

 9節終了時点においてリーグ最高22得点の湘南と、リーグ最小4失点の水戸との試合はがぜん注目を集めた。試合開始早々に先制点をあげた水戸は、その最小失点を誇る守備陣の固さが光る。一方の湘南も相手陣内に人数を掛けて攻め込む。
 水戸のサッカースタイルといえば、守備の堅さである。それは監督が変わっても同じで、特にこのシーズン序盤に顕著に現れている。
 一方の湘南といえば、かつて平塚時代には超攻撃的なサッカーを展開していた。J2に降格し、運営母体が変わり、しばしそのスタイルは忘れられていたが、ここ数年継続されているチームの方向性によってそれが再び見られるようになった。そして水戸と同じくこの序盤にそれが見てとれるようになった。

 チームに流れるスタイルをベースに、それを少しづつ昇華させていく。そして狙うのはJ1への昇格だ。J2というリーグを勝ち抜くために、資金がなくともそれを達成させるためにやるべきことは何なのか。両チームから感じ取れる試合だった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第8節 vs横浜FC [湘南ベルマーレ2012]

湘南 3 - 2 横浜FC

  • 36分 馬場 賢治(湘南)
  • 46分 内田 智也(横浜)
  • 52分 高山 薫  (湘南)
  • 68分 菊池 大介(湘南)
  • 84分 武岡 優斗(横浜)

 


 神奈川県内に本拠地を置く両チームの対戦、神奈川ダービー。その時々におけるチームの順位、状況とは関係なく、兎にも角にも “ここにだけは負けたくない” という気持ちがピッチからも伝わる。常に白熱した試合になるこのカードは、湘南から見ると14勝6分12敗と、その成績も拮抗したものになる。
 前半に先制点をあげた湘南に対し、後半開始1分も経たない時間に同点ゴールを決める横浜FC。しかしその6分後に再び突き放した湘南は、さらに1点を追加する。だが84分に1点差に詰め寄られるとその後は猛攻にさらされるが、なんとか逃げ切ることに成功した。

 

 文字にすればいとも簡単だが、この90分間、Shonan BMWスタジアム平塚は緊張に包まれた。このダービーを決することとなった湘南の3得点目に、湘南のゴールに対する意欲が見えた。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レビュー:J2 第7節 vsFC町田ゼルビア [湘南ベルマーレ2012]

湘南 2 - 0 町田

  • 67分   遠藤 航(湘南)
  • 90分+2 遠藤 航(湘南・PK)

 


 アウェイでの2連戦を1勝1分で終え、ホームに帰還した湘南。今季J2に昇格を果たした町田を相手に始まった試合は、ピッチを駆け抜ける風のあおりを受け、我慢の展開から始まった。
 それでも前半は無失点で切り抜け、セットプレイからの先制点で試合の主導権を握る。そしてロスタイムにはペナルティエリア内でファウルを誘い、PKからではあるが追加点を決め試合を決定づけた。
 主導権を握れない中でも我慢する。そしてセットプレイから得点を上げることができるという、これは昨季からは大きく進歩した部分を見せての勝利だった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | 次の10件 湘南ベルマーレ2012 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。