So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
湘南ベルマーレ2007 ブログトップ
前の10件 | -

みんな忘れない~契約満了選手 [湘南ベルマーレ2007]

 新たなシーズンに向けてチーム力を上げるには新たな選手の加入が不可欠である。と同時にこれまで一緒に戦った選手がチームを去らなければならない。プロの世界とは厳しいものである。が、我々は彼らを忘れないだろう。

●中里宏司(00~05、07)
ベルマーレ平塚Jrユースからベルマーレ湘南ユース、そしてトップチームとステップアップを果たした生え抜き選手。主にボランチをこなす。2002年にはU-21日本代表、翌03年にもU-22日本代表に選出された。昨年はサンフレッチェ広島に期限付き移籍し、シーズン終盤には3バックのセンターバックとしてスタメンを奪取。通算15試合に出場した。
今シーズンはベルマーレに復帰し、J1での経験を生かしての活躍が期待された。開幕直後はボランチとして、中盤からは右サイドバックとしての出場であったが、17試合の出場にとどまった。9月5日の第32節アウェイ鳥栖戦が最後の出場となった。
まだ25歳。これまでの経験を生かしてどこかで活躍してほしい選手だ。

●柿本倫明(03~05、07)
加入初年度こそ22試合3得点だったが04年には40試合10得点、05年には43試合15得点と2年連続二桁得点を記録。その活躍が認められ06年にはセレッソ大阪に期限付き移籍を果たす。セレッソではリーグ、カップ戦通算33試合に出場し2得点をあげていた。
今シーズン中里と同じくベルマーレに復帰。開幕戦には後半から、第2節からはスタメンとして出場したものの結果=得点をあげることができず、10試合無得点。わずか403分の出場にとどまった。誰もがかつての“エース”としての活躍を期待していたがその願いも叶わなかった。もう一度エースとしての活躍が見たかった。

●冨山達行(05~07)
流通経済大から加入したその年、右サイドバックのスタメンを獲得。05年19試合、06年23試合に出場したものの今年はわずか3試合の出場となってしまった。
右サイドバックとして大きな期待をもっていたがスタメンを完全にものにすることができず昨年はセンターバック、今年はボランチとポジションも変わっていた。デビューイヤーに見せていたオーバーラップも鳴りを潜めてしまったのが残念だ。

●森谷佳祐(05~07)
チーム主催のセレクションからただひとり選ばれた選手。デビュー戦での2ゴールが強く印象に残っているが、その後得点をあげることはできなかった。今年は第24節ホームでの京都戦に途中出場したのみだった。

●財津俊一郎(07)
清水エスパルスより期限付き移籍でベルマーレへ。もともとFWの選手であるが右サイドバックとして開幕から3試合フル出場。スタメンを奪取したかと思われたが第13節アウェイ福岡戦に前半出場したのを最後に試合に出場することがなかった。怪我をしているという話も聞くが、怪我を治せば今一度活躍ができる選手ではないだろうか。

●エドワルド・マルケス(07)
シーズン開幕当初欠番だった背番号7を背負うために7月にチームに加入。第39節ホーム東京ヴェルディ戦でのロスタイム同点ゴール、第48節アウェイ山形戦では今シーズン苦手としていた山形を破る決勝ゴールを決めるなど20試合で5得点をあげた。
テクニックも素晴らしいものがあり、時折みせるドリブル中のフェイント、ハイボールを落ち着かせるなど攻撃のアクセントになったのは間違いない。シーズン途中からの加入とあって難しい部分もあったのだろうが、それでも前線からしっかりと守備をするなど確実にチームの力となっただろう。
ここで帰国するのはもったいない気がするが、彼なら大丈夫。新天地でさらなる活躍をしてくれるよう心底願っている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

シーズン総括 [湘南ベルマーレ2007]

 J1・J2入れ替え戦も終わり、Jリーグすべての日程が終了した。J1昇格も、入れ替え戦出場もならなかったが、2007年はチームにとってもサポーターにとっても実り多きシーズンとなった。J2に落ちて以来もっとも昇格争いに近づき、現に第51節まで入れ替え戦への出場を得られる3位の可能性を残していた。そういう中で第38節東京ヴェルディ戦(平塚・前半に退場者を出しながらロスタイムに同点に追いつき1-1)や第43節京都サンガ戦(平塚・0-2で迎えた後半39分に得点、ロスタイムに同点に追いつく)など、勝利こそならなかったが熱戦を演じ平塚競技場をひとつにすることができた。
 今年得た経験を糧に来シーズンはさらなる飛躍を目指したい。その前にまずはこのシーズンを振り返ってみよう。

●選手補強
 06年シーズンの弱点であったディフェンス力を強化するためにFC東京からDFジャーンを、清水エスパルスから斉藤俊秀をレンタル移籍で獲得。このふたりの強力なセンターバック陣が失点を減らした最大の要因である。特に斉藤は試合中にも選手に的確な指示を送るなど、他選手の成長の手助けをしてくれたことが非常に大きい。試合終了後にはピッチ上に田村や山口などを交え話し合う姿が印象的だった。ジャーンも移籍初年度からキャプテンとして精神的支柱となった。劣勢の試合ではなんとかしようとゴール前までオーバーラップする姿に勝ちたいという気持ちを感じることができた。この経験豊富なふたりの加入でDF力がアップ、攻撃にもいいリズムを生んでいたのだろう。
 今年加入のルーキーもチームに欠かせない選手となった。GK金永基(キム・ヨンギ)は桃山学院大学から加入し全試合に出場。セーブ力はもちろんだがそのフィード力はすさまじいものがあり、最後尾からながらまさしく“攻撃の起点”となれる選手だ。同じくルーキーの山口貴弘も元々はセンターバックの選手ながら右サイドバックとしてスタメンを獲得。シーズンが終わってみれば27試合に出場した。
 その他にもスピードが武器のMF鈴木将太(19試合2得点)、FW原竜太(39試合11得点)といった面々がチーム躍進の力となった。特に鈴木はシーズン中盤はメンバー入りできない時期もあったが、それを乗り越えての終盤の活躍はうれしい限りだ。

●シーズン成績
6位 勝ち点77 23勝8分17敗 得点72 失点55 得失点差+17
 ちなみに06年シーズンは11位 勝ち点48 13勝10分25敗 得点61 失点87 得失点-26という成績だった。惜しくも02年の5位は超えられなかったが、昨年の成績を考えればかなりの飛躍を遂げたといえるだろう。
 昨シーズンは一度リードを奪われると士気が下がる、連敗を始めると抜け出せないといった現象が現れていた。今年は監督が“リバウンドメンタリティ”という言葉を掲げ、これらのような現象を起こさせないよう苦慮していたと思う。そのひとつに「4試合1グループ、目標勝ち点7」があった。この明確な目標により4試合で勝ち点7を取る、もし前の4試合で勝ち点7に到達できなかったら次のグループで取り返す、ということをチーム一丸となって取り組んでいたと感じる。
 昨シーズンは8連敗(16~23節)、6連敗(44~50節)と2度の大きな連敗を記録しているが、今年は3連敗が一度(24~26節)、2連敗も3度あっただけだった。連勝も06年は2連勝が3度あっただけだったが、今年は4連勝が2度(7~11節、47~50節)、3連勝も2度経験した。
 1シーズンでも1クールでもなく、4試合1グループとしたことですぐに次のグループで取り返すことも可能だった。今年のJ2リーグは最終節まで自動昇格チームが決まらないという混戦もあって、上位の勝ち点も近かった。そういった状況もあいまって昨シーズンからは考えられない好成績となったと考えられる。
 実際に監督の目標どおりであれば1グループ勝ち点7、1クール勝ち点21、1シーズン84。3位となった京都は勝ち点86でその目標では及ばなかったが、監督曰くこの目標が絶妙だった。目標はあくまで目標で通過してもいいわけで、今年の混戦状況であればさらなるモチベーションアップにもつながりあわよくば……といった期待感をもたせてくれた。実際には目標には届かなかったものの、この経験をしっかりと来シーズンにつなげていって欲しい。
 勝利数は23だったが、実際に監督は「20勝したい」と言っていた。そこをクリアできたのは大きいだろう。勝利から得られる経験値が上がったことも来シーズンへの期待が膨らむひとつの要因だ。

 来シーズンはチーム数も増え、逆に試合数が減る。今年よりも1試合の重みが違ってくる。今年の経験をすべてぶつけて来シーズンこそ目標を達成してほしいところだ。

●湘南ベルマーレというチームとして
 今年は様々な事象がチームを襲った。その中でも第32節の延期は大きいものだった。もともと8月6日に予定されていたアウェイの鳥栖戦であったが、雷の影響により前半終了時点で中止。9月5日に代替試合が開催されることになった。日程的にはこの9月5日しかないのは理解しているし、リーグの決定であり従う必要がある。しかしかなり過密日程となりここでリズムを崩したのではないか。37節(8月30日)はアウェイ福岡、第38節(9月2日)はホーム山形、ここに第32節が入りアウェイ鳥栖、第39節(9月10日)ホーム東京ヴェルディ、第40節(9月15日)アウェイ徳島。この間の勝敗は○△●△●。1週間で2度の九州遠征などは少なからず選手に影響を与えたことだろう。それでも湘南ベルマーレ真壁潔社長はリーグの決定に従い、鳥栖の試合運営について批判もせず、それでも我々は常に正しい行動をしていきたい、と中止決定の経緯説明時に語っていた。このことはチームだけではなく我々サポーターにも一体感を与えてくれた。J2に落ちてからこれまで、成績も振るわずなかなか昇格争いにも加われなかったが、この言葉は「このチームのサポーターでよかった」と心底思わせてくれる言葉だった。
 また台風の直撃を受けた際、主な練習場である馬入ふれあい公園の天然芝グラウンドが泥で埋まってしまうこともあった。その際にはサポーター有志が集合し、皆で泥をかき出す作業をした。

 

 チーム、サポーターが本当に一丸となり、そして選手が結果を残してくれた。さらに上があるわけだが、来シーズンこそその“上”に向かっていきたい。そしてチーム、サポーターが一丸となり、一般の市民も巻き込めば、もう一度平塚に、この湘南のホームタウン全体にベルマーレの旗がなびくだろう。
 今、私はこのチームを愛し、エンブレムに誇りを持っている。この地域に住む人々が同じ気持ちになれるよう、来シーズン更なる飛躍を期待しよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

第51節 vsアビスパ福岡 [湘南ベルマーレ2007]

湘南 1 - 2 福岡

  • 前半10分 田中(福岡)
  • 前半44分 石原(湘南)
  • 後半41分 アレックス(福岡)


 まだ昇格の望みを残していたホーム最終戦。だがしかし、結果は敗戦。最終目標を果たすことはできなかった。
 今年チームは確実に変わった。強くなった。しかし目標にはまだまだ遠い。来年こそその目標をクリアできるよう、さらなる成長が必要だ。それはできると、今年の戦いを見て感じ取れた。
 今年もあと1試合。来年につなげるために次は勝って終わろう。

 というワケなホーム最終戦ですが、1-2で敗戦。ここまで昇格の可能性が残っていたことはないだけに、充実したシーズンだった。これを来年につなげて欲しい。絶対に来年、上がりたいね。

 試合終了後に外池選手が引退を発表した。97年にベルマーレ平塚に入団して、去年湘南ベルマーレに帰ってきた。プロ生活をここではじめてここで終えることになる。苦しい時期も知ってるだけにできれば昇格してから送り出したかった。まだ今後は何も決まってないそうだが、今後もがんばってほしい。トノ、ありがとう。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Miracle Count Down [湘南ベルマーレ2007]

かすかに見える目標に向かって。11月25日平塚競技場。
勝利のために、ともに戦おう。

常識では考えられないことを目撃するために。
ホーム最終戦 vs福岡。13:00キックオフ。


 ということでホーム最終戦。湘南は勝たなければ望みが消える上に、他会場の結果次第でも3位以内が消滅するという厳しい状況。ではありますが、まずは目の前の1戦を総力を挙げて戦おうという次第であります。
各種イベントも開催されます。お暇ならぜひ平塚競技場へ足をお運びくだされ。詳しくは上のバナーをクリックであります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ホーム最終戦 [湘南ベルマーレ2007]

 今日のアウェイ仙台戦にはいけませんでしたが、ホーム最終戦を開催するまで昇格の望みがあるってすごいですよねぇ。もちろん望みが薄いのは分かってるが。

 望さんは本当にすごい。ウチにきてくれてよかった。望さんにもここに来てよかったと思って欲しいなぁ。ホーム最終戦は気合を入れていくべ。

 長い間暗い時代を過ごしていたけれど、このチームのサポーターでよかった。まだまだあきらめんぞ!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

それぞれの想いをこの1戦に J2 第49節 vs草津 [湘南ベルマーレ2007]

湘南 2 - 1 草津

  • 前半38分 鈴木将太(湘南)
  • 後半40分 オウンゴール(湘南)
  • 後半41分 カレカ(草津)


 アジエルの緊急帰国、ジャーンの試合直前の離脱。いろいろなことがあったが、結果を残した。まだまだ終われない。微かに見える光に向かって、勝ち続けよう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ここから J2 第47節 vs水戸ホーリホック [湘南ベルマーレ2007]

湘南 2 - 1 水戸

  • 前半34分 西野(水戸)
  • 後半12分 ジャーン(湘南)
  • 後半16分 加藤(湘南)


 まずは勝ち続けるしかない。前節の休みを経て迎えたホームでの水戸戦はしかし、厳しいものであった。試合立ち上がりから水戸のペースで試合は進み、前半のうちに失点してしまう。そうなれば水戸はそれまで以上にリスクを冒さずにくる。その水戸のゴールをこじ開けたのはセットプレイだった。加藤のコーナーキックに合わせたのはキャプテンのジャーン。同点ゴールの4分後に得たゴール前のフリーキックのチャンスでは、ジャーンを囮にし加藤が直接ゴールへねじ込んだ。苦しみながらも得た勝利。ここから更に、勝ち続けるしかない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

観客倍増キャンペーン [湘南ベルマーレ2007]

↑の企画をやってるです~。11月11日ホーム草津戦は倍にするのだ!

詳しくはバナーをクリック~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

戦え J2 第45節 東京ヴェルディ vs 湘南ベルマーレ [湘南ベルマーレ2007]

東京V 3 - 0 湘南

  • 前半7分  フッキ(東京V)
  • 前半31分 シウバ(東京V)
  • 後半9分  土屋(東京V)


 ここまで5連勝、2位に浮上している東京ヴェルディ。湘南にとっては後がないだけに、勝利を収めたいところだった。しかし結果は完敗だった。第1クールから強くなったヴェルディ相手に手も足も出なかった。しかしこれで終わりではない。最後まで、戦おう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

J2 第44節 vs鳥栖 [湘南ベルマーレ2007]

湘南 3 - 1 鳥栖

  • 前半21分 藤田(鳥栖)
  • 前半25分 加藤(湘南)
  • 後半20分 エドワルド・マルケス(湘南)
  • 後半31分 アジエル(湘南)


 ここからは全部勝つしかない。今年のチームならそれは出来ると信じている。この試合、前半21分に先制されてしまった。しかしその直後の加藤望のミドルシュート、そして後半エドワルド・マルケスの逆転弾。さらにはアジエルの追加点。厳しくなると思われた試合で逆転勝利をおさめた。
 相手がどこであろうが関係ない。力を出し切って、全部勝とう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 湘南ベルマーレ2007 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。